学校紹介

中学情報

成田高校付属中学校の学び

小学校から中学校へ進学するとさまざまな変化があります。今までは担任の先生から授業を受けることが普通でしたが、これからは各教科ごとにそれぞれ専門の先生が授業を担当します。

そして本校では特に中・高一貫教育の表れとして、次のような特徴があります。

1学級編成

1~2年次:均等学級編成
3年次:習熟度別学級編成。選抜学級1・一般学級
※一般学級では英語・数学で少人数授業実施

2教育期間の合理化

中・高の教科書の内容を充分検討し、整理したカリキュラムにより次の表のような教育期間の合理化をはかり、大学進学に有効な方法をとっています。

生活学年 中1 中2 中3 高1 高2 高3
教科学年 中1 中2 中3 高1 高2 高3 演習

ここで、生活学年とは、4月から翌年3月(年度)までを1学年とする学年をいいます。

教科学年とは、その間に使用する教材の種類を表しています。従って大学入試のため一部の教科では、中3の時に高校の教材を使用するものがあります。

例えば、中1の数学は一般の中学校では週3時間のところを、本校では、中1・2で週5時間、3年で6時間、英語は週3時間のところを、中1・2・3年ともに6時間に増加してあるのはそのためです。

3教科内容の専門化

一般の中学校では、社会科や理科の授業は、1教科を1人の先生が担任しますが、本校ではこれらを高校と関連させて、教科内容を専門化しています。

例えば、理科は次の2科目になります。

第1分野
物理と化学
第2分野
生物と地学

同じ理科であっても、生物と物理ではその内容もたいへん違います。それぞれの専門の先生が授業を担当します。

イメージ画像

カリキュラム

教科 科目 1年 2年 3年
国語 国語 175 175 175
社会 社会 105 140 140
数学 数学 175 175 210
理科 理科 140 140 140
音楽 音楽 45 35 35
美術 美術 45 35 35
保健体育 保健体育 105 105 105
技術・家庭 技術・家庭 70 70 35
外国語 英語 210 210 210
選択教科 書道 45 35 35
小計 1,115 1,120 1,120
道徳 35 35 35
特別教育活動 35 35 35
総合的な学習の時間 70 70 70
合計 1,255 1,260 1,260