ニュース

2018.2.27

6年 読み聞かせ

付属小学校

2月27日(火)、6年生で保護者ボランティアによる読み聞かせが行われました。

1冊目は、有名なモンゴル民話『スーホの白い馬』。絵本というと低学年向けと思われがちですが、6年生の子どもたちも話のないようにぐいぐい引き込まれ、聞き入っていました。

2冊目は、芥川龍之介の『杜子春』。大変長いお話で、物語中盤までの読み聞かせとなってしまいました。しかし、「この後どうなるのか気になる」「ぜひ続きを読みたい」という感想が多く聞かれ、子どもたちの読書意欲喚起につながったようです。

どちらも有名な物語で、内容を知っている子どもも多くいましたが、読み聞かせてもらうと、また違った雰囲気を味わうことができたと思います。

6年生は、今回をもって小学校での読み聞かせが終了となります。ご協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

 

新着ニュース一覧
▶︎ 付属小 1学期終業式 
▶︎ 国際理解クラブ校外学習
▶︎ かがやき集会「保健タイム」
▶︎ 水泳学習始まる!
▶︎ 4年英語科校外学習