ニュース

2019.7.12

中2 学年集会 〜2・3学期、さらに将来に向けて〜

付属中学校

本日は総合学習です。

中2学年は、視聴覚教室にて学年主任以下、A・B・C組の担任が生徒に向けて様々なテーマで話を行いました。

 

まずは学年主任より「大学入試について」。

大学入試制度は今まさに、大きな転換期を迎えようとしています。

昨今の入試事情を踏まえ、進路指導の経験豊富な学年主任より、大学入試制度の仕組みなどについてが分かりやすく示されました。

話が終わった後、多数の生徒が

「自分は国公立と私立、どちらが向いていますか?」

「将来の進路の選択肢を広げるためにも、今から勉強を頑張りたい」

など、質問や想いを教員に投げかけていたのが印象的でした。

今から積み重ねてきたものはそのまま大学入試に直結する。そんな意識を持つことができた有意義な話でした。

 

続いて、古川教諭(A組担任)による「職業調べについて」。

今年度、中2夏休みの宿題には「職業調べ」があります。

具体的なイメージを持って職業調べに取り掛かることができるよう、工夫を凝らしたプレゼンテーションで話が展開されていきました。

話の最後には、「ある社会人の1日を追う」というテーマで、B組担任伊藤教諭のドキュメンタリー風ムービーが上映され、教室内は大盛り上がり。

この日一番の爆笑の渦に包まれました。「もう一度見たい」の声多数です。

 

そんな伊藤教諭(B組担任)からは、「2月のスキー教室について」。

中2学年最大の行事といっても過言ではないスキー教室。

これから夏を迎えるなんて関係ありません。多くの写真を生徒に見せながら、スキー教室の様子が紹介されました。

なんと実物のスノーボードを用意しておきました。

装着してみた生徒の感想「スキーより履き心地が軽いです」。スノボも選択肢に入ったかな?

2月とまだ先の行事ではありますが、生徒は具体的なイメージを持つことができたようです。

 

 

最後は江﨑教諭(C組担任)による「iPad導入について」

付属中学校では中学3年時にiPadを導入しており、その具体的な活用方法などについて説明がありました。

スマホ世代の生徒たちにとっては既知の内容も多かったと思いますが、iPadにしかできない機能などの説明は驚きをもって見る生徒もいました。

同時にG suiteアカウントも生徒1人ひとりに発行され、今年度からGoogle Classroomなどを試験的に運用していく予告もされました。

 

江﨑教諭からもう一点「合唱祭開催のお知らせ」。

昨年はクラス対抗で合唱コンクールを実施しましたが、今年度は学年の力を結集し「学年合唱」という形で実施する旨が伝えられました。

今年度も2曲披露する予定です。関係保護者の皆様は本番当日ぜひお越しください。

 

 

4時間弱の長丁場でしたが、ほとんどの生徒が集中力を切らすことなく話を聞くことができており、昨年からの更なる成長を感じました。

2学期も生徒・職員一丸となって、全力でチャレンジしていきたいと思います。

新着ニュース一覧
▶︎ 中2 学年集会 〜2・3学期、さらに将来に向けて〜
▶︎ 高1 学問探求
▶︎ 中1学年集会
▶︎ 中3学年・成田空港見学
▶︎ 高校2年E組スタディセミナー