ニュース

2018.3.13

今年度最後のなかよしタイム

付属小学校

3月12日(月)、今年度最後のなかよしタイムを実施しました。

昼食後、いつものようにそれぞれの活動場所に集合した後、今回は「リーダー探し」というゲームをして楽しみました。

このゲームは、鬼になった子どもが、リーダーが誰かを当てるゲームです。リーダーは、鬼に気付かれないようにいろいろな動作をします。他のメンバーはリーダーの真似をして動かないといけません。その様子を見て、リーダーを当てるのです。

始めは、6年生が鬼をしてくれました。12、3人といえども、リーダーを見つけるのはとても難しく、なかなか見つかりません。動作が変わるたびにきょろきょろする鬼を見て、みんなは大笑い。鬼がリーダーを当てた時は、拍手が沸き起こりました。

2回目からは、リーダーをやりたい子どもが続出でした。

短い時間でしたが、大変盛り上がりました。

ゲームが終了すると、6年生へのサプライズが待っていました。5年生が進行役となり、1年間お世話になった6年生に、メンバー1人1人からお礼のメッセージが述べられました。6年生は、恥ずかしそうにしながらも、嬉しそうに聞き入っていました。

今回を持って、今年度のなかよしタイムは終了となります。1年間、様々な活動を通して、1年生~6年生までの子どもたちが、大変仲良くなることができました。そして、1年間リーダーとして頑張ってくれた6年生の皆さん。本当にお疲れさまでした。

新着ニュース一覧
▶︎ 『千葉県私学フェア』開催のお知らせ
▶︎ 第49回千葉県私学教育功労者表彰
▶︎ 強健マラソンスタート!
▶︎ 12月の保健タイム
▶︎ なかよしタイム(ジェスチャーゲーム)